キリム・ドゥーズ17 Mサイズ ガゼルグレー 

Detail

型番 TWPD17M
販売価格 17,280円(税込)
購入数

キリムとは 手織りのウール素材です

チュニジアの南部「ドゥーズ」の村で職人が手織りしております。
キリムは通気性が良いのでカビや虫などがつく心配があまりないため季節を問わずお使い頂けます。お部屋に一枚敷くだけで、お部屋の印象を変えることができるのでいつもと違うインテリアを楽しめます。床に敷く以外でソファへかけたりベッドの足元へかけたり、壁にディスプレイしたりと様々にお使いいただけます。

■トルコやイランでは、キリムを洗う習慣はなく、普段のお手入れは、掃除機をかける、または,はたいて日干しをしてください。汚れがひどくて気になった場合は、クリーニング店にご相談ください。

手織りの為、まったく同じものはなくお渡しする商品で一部写真と違う場合がございます。ご了承くださいませ。


大きさ 約100×56cm


砂漠の鹿、ガゼルは・・・
ガゼルGazelle はもともとアラビア語の ghaz?l ( غزال‎) からきていましてフランス語のスペルをもらい、17世紀ごろにはそのまま英語になり日本語も英語のカタカナ読みです。 北アフリカとアジアに生息している、とても速く走れる鹿、というのがわかりやすい説明でしょう(下に本物のガゼル君の写真を掲載しました)。もっとも小さい種類のものは背丈53cm、アルジェリア、エジプト、スーダンで見られます。 長い間水を飲まずに走れるので、乾いた場所でも生きのびれるのですね。
さてさて。チュニスにいると、「ああ僕の『花』よ(ノワーラ、ザハラ、ハネーナ)・・・お茶をくれ」「ああ僕の花よ、この予約はどうなった」とか何かにつけどんな若い女性でもいわれるものですが、「君は僕のガゼルだよ、じゃあ、日本にいったら電話を買ってきて」とかいう人もいます。頼みごとしない場合ももちろんあるんですが・・・。 「ほう、私はガゼルですか?」と応えると、そうだよ君はすんばらしいガゼルだと、いわれます。
「鹿」?
きいてみると、アラブ文化圏ではどうやら女性の美、エレガンスさ、優美さの象徴を「ガゼル」と喩え、「君はガゼルさ」といわれると断然ほめ言葉なんですよね。 砂漠やサバンナのスピードランナー(すなわち私はまたパシリ?とまで深く考えてみる)としてもよく知られますが、女性にいっている場合は「よく走り回る人」というわけではないようです。 多くのアラビア語の恋物語の詩には「ガゼル」「ガゼル」が連呼され、おもしろい話が、イスラム教のカリフ、アブデルマリック(646−705)さんは捕まえたガゼルを逃がしたとのこと。恋人に似てたからですって。鹿みたいな顔の女性そんなにいたっけ? ほかにも「自由」(広いところを走り回ってるから)、「速さ」「活発さ」「鋭さ」などの象徴でもあり、それはその国や民族文化によりけりです。
また、チュニジアの国営航空会社、チュニスエアーのマークもガゼル、美とスピードでしょうか? しかし、ガゼルは持久力は短いようで長い時間を走ることはできません・・・そんなところがぴったり?!(くすっ)
こちらはチュニジアが誇るローマモザイク、なんとローマ人もガゼルを描いています。紀元後2世紀のもの

エレガントな本物のガゼルさん

Detail


Copyright © DAR YASMINE All Rights Reserved.