オリーブの木 個性あふれる1点もの 複雑な年輪がより歴史を感じる 輪切り表皮付き φ30cm*

Detail

型番 zpro20-016
販売価格 14,080円(税込)
購入数

サイズ:約φ28〜30×厚み2cm 重さ1113g

*10cmの幹の太さになるまで20年も月日がかかるというオリーブの木。それを考えると、とても長い年月を過ごしてきたというのが一目でわかる輪切り。 細かな年輪の重なりをじっくり見てほしいです。
*人気のオリーブの木の超かっこいいカッティングボードシリーズです。北アフリカの雨があまり降らない大地で400年以上生き抜いたオリーブの木の圧倒的な木目が特徴「大自然のアート」

元来、チュニジアではオリーヴは聖なる木とされ、信仰の対象でもあり製材用には植林されていません。
乾燥地帯にモンスターの足のように根をはり、土の中の微量水分を精一杯吸い上げるオリーヴの木は100年たっても幹の太さはわずか直径約50cmほど…という目安もありますが、正確な実年齢を知ることはできません。

干ばつや気候変化の影響もあり成長が不均一、密度が非常に高く、数百年の間に死に、同じ遺伝子で新しく蘇生しているものも多々見られます。
チュニジアには300-1000年の木がまだまだ残っていて条件1、宅地・高速道路などの造成 2、生産性が明らかに低い(オリーヴの実がとれなくなった)木を植え替える場合によって、 農務水資源省より伐採許可がおります。
ほとんど雨の降らない南部のベルベルの村には小さな森?と思われるような巨大な「一本」のオリーヴの木があったりして思わず手を合わせたくなります。

 さて、そのように不均一にゆっくりと成長するからこそ、オリーヴの木材は非常に硬く(爪の先で押してもほとんど傷つかない)、木目が芸術的、重く(比重は約0.9)緻密で、油分が多く耐久性があり、カビや雑菌の抗菌効果があり、装飾品や道具類、特にまな板、すりばち、すりこぎ、スプーン、調理用へらなどキッチン所用品を作るのよいとされます。
しかし、イタリアと同じように伐採制限があり比較的希少、木材加工品として育つまでに時間がかかることもあり、木製品としてはかなり高価です。(一般中流家庭では見たことがありません!)


olive.jpg チュニジアから直輸入!!




Detail


Copyright © DAR YASMINE All Rights Reserved.